アタマジラミの一般的な駆除方法は?

今まではスミスリンで駆除できたけど・・・

アタマジラミに一度寄生されると、人為的に駆除するしか解決しないそうです。

ちゃんと対処しないで放置してしまうと、時として、本当に頭皮が痒くて掻き毟ってしまい、その傷が化膿したりトビヒになったりと、本当に大変なこともあるみたいです。

では、アタマジラミを頭から駆除するには、どういった方法をとれば良いのでしょうか?

今までは、シラミ駆除用の薬用シャンプー(スミスンシャンプー)やパウダー(スミスリンパウダー)を使うのが一般的でした。日本では、1980年代前半に認可されて以来、当たり前に使われてきたそうなので・・・。

これで3~4日に1回のペースで洗えば、2週間程でシラミを一掃できるとのことでした。ただ、いくらこのシャンプーやパウダーが市販されているからと言って、日常的に買い置きしている人は少ないと思います。

では、今これらが手元に無い場合にできる、一時措置的なものはないのでしょうか?

調べてみたところ、普通のシャンプーと、ちょっと目の細かいクシがあれば、症状の一時凌ぎくらいにはなると分かりました。

具体的には、シャンプーで髪を泡立て、クシでブラッシングすることで、卵までは無理ですが、その時点で成虫となって頭皮から吸血することで痒みを引き起こしているアタマジラミは、ある程度駆除できるとのことでした。

薬用のスミスリンシャンプーなどは、ドラックストアのでも市販されているもので、緊急性の有る場合でもそうしたものを購入して使えば、対処することができます。

しかし、できればスミスリンシャンプーよりも安全性の高いものでシラミを駆除したいと考えているなら、シラミンローションの方が良いと思うかもしれません。

それに、最近ではスミスリンなどの殺虫剤成分が効かない種類のシラミが増えているようです。

それに、近くにドラッグストアがなければ、どの道ネット通販となってしまうことも考えると、薬用シャンプーなどが到着するまでの間の処置として、日頃から使っているシャンプーとクシを用いてシラミをある程度減らして悪化するのを抑えておくのも一つの方法かもしれません。

>>シラミンローションの詳細はこちら